07≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09
■スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告】 | top↑
■朝の風景
チビは、宵っ張りの朝寝坊だ。

これは、赤ちゃんのときからの傾向だ。

悪い習慣を直そうとがんばったのだが……

早く布団に寝かせていても……ひたすら起きているのだ。

眠りも浅いらしく、些細な物音にスグ起き出していた。

一人で起きるならナンボでも……

しかし……一人じゃダメなのだ。

熟睡しているヘナやアダーはチビがどんなに泣こうとも気づかない。

私のみ…反応してくれるのがわかるので、私に集中攻撃だ……

当然、私は睡眠不足も多い……で、不機嫌になる。




朝……ダルダル~なチビを起こすのは並大抵ではない。

とにかく、「起きないといけない」「眠りたい」が2:7位の割りかな……

ほとんど操り人形状態で、身支度が始まる。

毎日この状態なので……心の狭い私は……ブチ切れる


早く支度をしろ~!


しかし、どんなに怒っていてもヤツのマイペースは変わらない。

「行ってらっしゃい」と送り出した後に疲れがドッとでる。



ちなみに、私は「いってきます」「ただいま」は必ず言う

……を子供達に定義づけている。

「行ってきます」というだけでも、子供との意思疎通があると信じているから




ある朝のこと……

いつものようにマイペースで……いつものように遅刻スレスレで……

送り出した玄関でのこと。

私「気をつけていってらっしゃい……」


チビは私を三白眼でジ~~~ッと見つめているだけ。

私「……?何?(やや怒り口調で)<行ってきます>は?!」

チビ「………」

そのまま黙って扉を閉めて……行ってしまった。



取り残された私は、チビのいつもとは違う様子に心配と戸惑いが……

……何かいいたいことがあったのかな?

……嫌なことがあったのかな?

……あのままでよかったのかな?

……学校で大丈夫なのかな?


根が心配性な私は、その日の仕事も手につかず、定時で帰宅する。


自宅に戻るといつものチビがいた。



私は、今朝のことを訊ねた

私「ねぇ……チビ……今日、楽しかった?」

チビ「うん」

私「学校は好き?」

チビ「好き……」



私「あのさぁ…母さん、気になるんだけど……」

チビ「ナニ?」

私「今日の朝……チビ、<いってきます>を言わなかったでしょ…」

チビ「そう!」

私「なんでなの?」

チビ「だって…母さんの<行ってらっしゃい>は


   心がこもってないもん




(-_-;)あっそうなの……

いや……確かに……あの時疲れてはいたさ……


そうだよね……確かに心のこもらない挨拶してたわ………

チビの鋭い突っ込みに返す言葉なし…でした。













スポンサーサイト
チビの話トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
<<破壊工作員… | ホーム | 演歌……>>














管理者にだけ表示を許可する
トラックバックURL
http://615192.blog43.fc2.com/tb.php/23-d09eab55
| ホーム |
プロフィール

RYO☆

Author:RYO☆
『Beans』のmameさん作
RYO★スライムです。
『うにょ~ん♪』な気分でゆるりと覗いてってくださいね。


登場人物紹介

RYO★
→このブログの管理人にて
アダー一族の最大級被害者。

アダーさん
→アダルト・マニアの夫。
        
ヘナ(中1)
→自称・シッカリもの。
彼には『笑いの神』が祝福中

チビ(小5)
→我が家のメルヘナーBoy
2歳から、自閉傾向を言われ、
現在『広汎性発達障害』の診断
作年度から支援クラスに在籍。

※アダー一族※

オヤジさま(舅)
ババさま(姑)
ショウさん(義弟)
キミちゃん(義妹)
アツくん(甥)→中3
ノンちゃん(姪)→中2               

※RYO★の関係者※

ジィジ(実父)
バァバ(実母)
ゆんちゃん(実妹)
キング(甥)→中1
ダルミン(姪)→小2

ドレミFlash
メッセージロボ
最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
ブロ電に乗ろう

ブロ電™切符

結婚してから…

*script by KT*
まだまだ…… 苦悩の日々は続く……
応援しています。
がんばってる皆様の姿を励みにし… 素敵な言葉や写真に癒され… 更新されてないけど、それでも大好き… そんな理由でのリンクです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。