06≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08
■スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告】 | top↑
■ごめんね……ヘナ
今日の話は…先日も付箋をはりました、





ヘナとチビの兄弟関係のことです。











チビは…広汎性発達障害という障害を持っています。




私は、彼の障害の可能性の診断を受けたとき…




ものすごく落ち込みました。







それこそ……生きる気力すら奪われてしまったように……







そして……



無理矢理……自分の意思とは関係なく、チビの施設の通所がはじめました。






そこで同じような境遇のママ友と出会い、


チビと類似した障害を持つ子供らとふれあい…





チビの……可能性を信じて生きるように気持ちが変わっていったと思います。









チビは…大変…繊細な子供です。


表現力が乏しいぶん……短い言葉で…端的に物言いします。



そして…『A』という言葉を言われたら…『B』という言葉を返す…



そういう訓練を受けたことで、ある程度の会話は成り立ちます。





私は……


この訓練を受け…チビとの会話が可能になった時点で





『チビの障害は…思うほど大変じゃないのかも…』



と安易に考えてしまいました。









しかし……


学校でのさまざまなトラブル…適応性の低い点が目につき…








チビの障害の詳細部を知る必要性に迫られて…昨年、発達検査をうけました。









発達検査は……ある意味100%の実力とはいいきれないものの……




ほぼ確実の割合で……チビの障害を示していました。







その後……チビの障害のことを周囲の先生方の協力を仰ぐことで……



改善と解決をしたものと…思い込んでいました。










違いました……








チビにとって……

一番身近な存在であるヘナの問題に気づきませんでした。










ヘナは……今、


『障害を持つ弟を持つ兄』として……苦しんでいます。





ヘナは……


私から…特別に頼むことはないのに…


今まで…我慢や…チビのフォローを何気にしてくれていました。









私も……


ヘナの寂しさ…ツライ部分を察し、


ヘナとの時間を特別に持ったり、愛情を注いできたつもりです。








しかし……ヘナには…


『お母さんに甘えた』という気持ちが満たされてませんでした。





そして今……





『チビを見てると……イラつく!



と……いい…精神的、肉体的に攻撃するようになりました。










ヘナの言い分……




『オレは…出来ないことがあったら…一生懸命がんばってきた。


忘れ物をしたら…叱られて取りに行かされたし、


学校も…ヒトリで行ってたし……


上級生の大勢いる登校班で…


一生懸命に歩いて…遅れず行くよう、がんばった…




でも……チビは……違うっっ!!



チビは…すぐに泣き言をいうし……がんばらないっっ!!



オレだったら…絶対に叱られることも……



チビには…あまり……叱ろうとしない』











……ヘナはそういう風に感じているようです。






もちろん……ヘナにも……誤解があります。


ヘナが一、二年生の頃は……一人で登校していき…守る人(母)が不在でした。

でも……通常発達の子供たちは…どの子も体験していることです。



忘れ物をしたら……宿題ができないから一緒に学校に取りに行きました。




上級生の多い登校班で…大変な思いをしたのはヘナばかりではありません。

ヘナの周囲にいる友人も…大勢が体験してきた事実です。










しかし……私は…ヘナに…





『アンタは…デキル子だから』と……安易に考えていなかったか?!





と言われれば……そういう気持ちがなかったとは言い切れません。












私は……


チビの障害を…ヘナに告知していません。



『チビをありのまま受け入れてもらいたい…』





という希望からです。












そして……ヘナは……とても優しい…純朴な少年に育っています。







本当に……可愛い息子です。


愛していないわけ……ないんです








でもね……





ヘナは満たされていなかったのです。










障害があるから、どうしても…チビとの時間を取られる事実さえ…




チビの障害のことを、知らさなかったことで





寂しい気持ちを膨らませていったのでしょうか…












ごめんね……ヘナ……









障害を持ったチビの兄ちゃんにしてしまって……













ごめんね……





チビを守ることばっかりで……母さん、ヘナに甘えてたかもしれない








母さんも……チビのことでつらかったから……





ヘナのこと……ちゃんと満足されられなかったんだね……













チビの障害のこと話さないと…


ヘナにも……わかってもらわないといけないよね。









ヘナ……



チビの障害がわかっても……





チビのこと……好きでいてほしい……











そんなことを…どうしても考える…母さんは……




ヘナにとっては……悪い母さんなのかな……?







『slow life』のmariさん……





トラックバックさせてください。







私も……



ヘナを……ヘナだけの芽を育んでやりたいのです。




チビを……種から芽吹くことができることを…感じさせたいのです。
スポンサーサイト
ちょっとまじめな話トラックバック(0) | コメント(14) | top↑
<<ありがとう… | ホーム | お風呂での話…>>
>jack_jackさん

そうそう……そうですよね。
私…ある意味『両極端』に走りすぎ…かもしれない…(--:)

ほどほど…に、やっていくくらいの気持ちで行くほうが…
思った以上に…子供達のなかで…良い方向が見つけられるのかもしれないです。
親子も…兄弟も……。




【2007/02/23 08:16】URL | RYO★ #-[ 編集]

補足です。

「誰でも通る道」だからって、気に病むなとか、そういうことは思っていません。
それはきっと親として当然気になる出来事でしょうし、反省したり自分を責めたりもするかもしれません。
「うちもそうよー」って言われたって、「わたしにはわたしの悩み、苦しみ」があるわけですものね。

気にして悩んで試行錯誤して......結局その繰り返しなんだと思います。
お互いぼちぼちいきましょう。
【2007/02/22 05:59】URL | jack-jack #czGgVZCE[ 編集]

>jack_jackさん

ありがとうございます。

史緒里さんからも…「だれにでもある出来事」と言われましたし…
私自身も…いろいろと勉強不足を反省しつつ…日々奮闘中です。

ただ…私がついつい「ヘナとチビのセットもの」アツカイしていたことも…確かだし、
ある意味…この「不仲状態」に手を貸してしまったのかも…と言う気持ちは…あるのです(--;)

親子も…兄弟も…本当にいろいろありますよね。
私も…「オマエ…母親のクセに…」とアダーさんから言われてイライラしたこと……ありましたっけ。
ヘナも…同じなんだろうな…と。そんなことを感じております。

>兄弟はライバル…

笑…笑…ライバルかぁ~~
チビは…「兄ちゃんは…夜…いつもトイレに行くのに、オレを利用する」って…言ってますよ。

ヘナは…この前、突然
「兄ちゃんが、仕上げ磨きしてやるっ!」って言って、
無理矢理…拷問と見間違うような補助をしてました。
→いつもは私がしますが…このときは何故かそういう気持ちになったようです。

うふふふ……本当にライバルですね~。

※ 「靴下」の話…ご連絡ありがとうございました。
私の…オバカな習慣に皆様のコメントがあるとは……
恥ずかしいやら…うれしいやら……
コレに懲りて、「怪しげな靴下」は…洗濯機に行くように気をつけます……
でも……なんだか、みんな「怪しげな靴下」にみえるんですけど……v-394
【2007/02/21 17:26】URL | RYO★ #-[ 編集]

わたしの弟は、引きこもりです。
わたしは一時期、彼のことがキライでした。

振り返って思うのは、「あのとききちんとキライでいてよかった」ということです。
キライであるという気持ちに自ら蓋をしていたら、もっと屈折した表現をしていたかもしれません。
「いい子」でいることは、大変です。
マイナスな気持ちを表現できる時期があると、やがてそんな自分のことも、そんな思いを引き起こさせる相手のことも、「それはそれ」として受け入れられるようになるように思います。

だからって、母親が子どもを放置していいわけじゃないし、きっとRYOさんはとても心を砕いてこれからも努力されるでしょうけれども。
でもこの過程は、多分健常児も通る道です。
他の兄弟姉妹といつもいつも仲良しな子ばかりじゃないと思います。
だって、一番のライバルなんですもの。


追伸:わたしのブログの「くつした」のエントリに、千尋さんからRYOさんへのコメントがあります。また覗いていただければと思います。
【2007/02/21 08:07】URL | jack-jack #czGgVZCE[ 編集]

>史緒里さん

たくさん…言葉をいただきありがとうございました。
おーcちゃんのことで…お忙しい時に……うれしかったです。

私も…一時、自分を追い詰めるような気持ちもあったのですが、
それは…自己満足の一環だと…思い直しました。

きょうだいの問題は…繊細でむずかしいものですね。
チビはヘナを慕いたい気持ちがあり…
ヘナは…チビとは離れたい気持ちがあり…
でも…守るべき〔弟〕だし……イライラするみたいです。

今だによい解決の糸口はなく…
ヘナの攻撃を和らげ…チビのブラコンを緩和する役割をがんばって担っております。
→これがまた……難しくって……笑。

プログ以前にも…きょうだい児問題でカウンセリングなども受けたり、情報収集に努め…我が家流の解決策を模索中です。
時間が解決する部分もありとは思いつつ…も。

おっしゃるとおり…障害があるから…の問題だけでないことをアタマに乗っけます。

ヘナからの〔カマって光線〕を発射され、
「親として受けてたってやるっ!」
と意気込んでみても…必殺技を知らない…笑。
こっそりと…「愛してるよv-344」と囁いてみるかな?
きっと…ヤツのことだから…
「どしたの?」とか…変な目でみることでしょう…
でも…ラブラブ光線で対抗してやりますよっ


コメントをいただいた皆様へ…

RYO★は…皆様からのコメントで…ガッツをたくさんもらいました。
本当にありがとうございます。
【2007/02/21 01:21】URL | RYO★ #-[ 編集]

何をどう書いたらいいのか
正直わからないのだけど・・・

まず、一つ言えるのは、
自分を「悪いお母さん」とは思わないで欲しいという事です。

私も子育てを18年近くしてきて、
子供が4人いて、
ご承知のとおり軽度の指摘を受けた娘もいて、
おまけに、鬱系の高校生までいて、
この高校生については、いずれ記事としてアップする予定ですが・・・
自分は駄目な母親だとせめていたこともあります。
でも、ある時気づいたのです。
どんな母親も子供一人ひとりに100%を与えることは無理だって・・・
それからの私は、
一人と向き合うときは、その子に100%
そうじゃないときは、
全部で100%で良いやって思うことにしました。
その一つとして、
参観日には、下の子を連れて行かない
これを実践してきています。

きょうだい児については、
難しい問題もあると思います。

たとえば、家の長女
のーcの障害の可能性について話してありますが、
そうやって、甘やかすからって、怒られる時もあります。
確かに、親が保護できない時がくれば、
一般の社会の中で、
一般の常識の中で、
生きていかなければならないのは本人なので、
ゆーcの言うことも一理あると感じることもあります。
でも、もう少し、理解してよって時もあります。

三女は、のーcのことについてわかってはいませんが、
だからこそ、どこにでもいる姉妹というライバルです。

障害の有無に関わらず、
子供というのは、母親に自分の方を見て欲しいものです。
もっと、言えば、自分だけを見て欲しいものです。

だから、障害を持つこの兄弟という事に
あまり固執してしまわないで下さい。

それから、家ののーcを見てて思いますが、
ほかの子供より不安を抱えやすいだけに、
上の子、うちの場合はゆーcですが、
頼って、絶対的な存在のようです。
シスコンと言ってます・・・私・・・
【2007/02/20 10:19】URL | 史緒里 #-[ 編集]

>mariさん

こちらこそ……すてきなお話を聞かせていただき……
リンクさせていただきまして、ありがとうございます……笑。
→トラックバックの方法がわからないので…ここまでが限界なのです…v-406

きょうだい児の問題は…
小さい頃にもありましたが、ヘナの反応が明確で
『寂しい』『チビ…ばっかり、かわいがるっ!』
と……クチに出して…ジタンダ踏むことで、
ニブいRYO★も…対応していけたのですが……
今は…すっかり自己を形成しつつある年頃のせいか……
なかなかわかってやれなかった分…つらい思いをさせてしまいました。

ヘナの為にも…チビの為にも…転機が必要です。
いっぱい……踏ん張って…やれるだけやってみます。
ヘナがチビを好きになってくれるのは…それからでいいと……そのくらいの気持ちで。

リンク……もちろん……こちらこそお願いします。
私もお願いしようと…思ってましたv-435
また…遊びにいかせてください。

※ アダー一族の話…心置きなく?…楽しんでくださいませ~♪
【2007/02/19 17:42】URL | RYO★ #-[ 編集]

>ビックママさん

ありがとうございます…
早速『さるさるさーさん』のプログを訪問してきました。

我が家のヘナも…こんな気持ちだったかもしれない…。
『ああ……コレも…そう』『私も…同じこと言ってた…』
そんな言葉が自然にクチをついてでました。

折にふれて、ヘナにはキチンと話をしていきます。
チビは…『兄ちゃん大好き』なので…切り離しが難しいのですが…
→厄介なことに…ただ今、情緒不安定なのです。
この機会にいろいろなことを学ぶべく…奔走中です。
ヘナがチビを好きでいられるように…


ママさん……ありがとうございます。
私も…ヘナも…チビも……がんばれるよう……
いっぱい……笑いながら過ごせるよう…踏ん張らんとね…
【2007/02/19 17:33】URL | RYO★ #-[ 編集]

■ ありがとうございます。
RYO★さん、こんにちは。 私のつたない記事にリンクしてくださってありがとうございます・・・・・感激☆

実は私もつい最近、娘に「お母さんは忙しいから あまり構ってくれない」と言われたばかりで 兄弟児の難しさ、感じています。
息子にばかり気をとられて、娘はなんでも器用に出来るから・・・・と、ついつい放置。ほんと申し訳ないです。

でも私もRYO★さんと同じように、障害を持つ兄弟をずっと好きでいてほしいと思うんです。
そのためには、やっぱり兄弟児にも、本人が満足できるだけの親の愛情を注いであげないと・・・なんでしょうね。
自分が満足できてなければ、自分以外に優しくなんてできないですもんね。

共に頑張りましょう♪

それと、RYO★さんのブログをリンクさせていただきたいのですけど いいですか? 

アダー一族にも興味津々ですので、またじっくり読ませていただきますね~!!
【2007/02/19 09:54】URL | mari #3/2tU3w2[ 編集]

こんにちは。
RYOさんのこの記事よんで
さるさるさーさんのとこの記事を思い出しました。
お兄ちゃんは心の病気・・・その1とその2
http://ameblo.jp/manbousukisuki/page-5.html
お兄さんが自閉症の妹さんのブログです。






【2007/02/19 08:58】URL | ビッグママ #9xVGaoVI[ 編集]

>はとまめ師匠

ありがとうございます…v-406

ホント…双方の想いを満たすのは大変ですね。
まして…まめ師匠は小・中学生とバブちゃん……
共通するものがありますね……

ヘナのイライラ……
ほとんどチビにぶつけられています。
私が聞きださないと、心境を話さない……
反抗期だけでなく、チビが重荷になっているのでしょう。

今日……
チビの障害のこと……少し話をしてみました。
私…上手に言えないんだけど
『チビは…チビ。ヘナはヘナで生活していけばいいから…』と伝えました。
ヘナに…『兄弟だから…』という枷を外してやりました。

彼がどう感じたかは…今後のことですが……
黙って…きちんと聴いてくれたことがうれしかったです。
【2007/02/19 08:26】URL | RYO★ #-[ 編集]

兄弟を平等に、同じように愛情を注ぐのってホント難しいなぁと思います。

やっぱり心配な子のほうが優先になっちゃうし、自分のことで頭がいっぱいでどっちもほったらかしだったり・・・

でも、ヘナ君、ちゃんと寂しいこと言えるってエライ!
ちゃんとママの愛情はわかってるんだと思いますヨ♡
【2007/02/18 14:04】URL | はとまめ #-[ 編集]

>eliさん

きょうだい児の問題……
気遣っていたようで…まだまだ足りなかったことに
今回改めて気づかされました。
私は……『○○で…毎週一緒の時間をとってるし…』とか、ヘナの悩み相談も聞いてるし…
そんなことで…大丈夫…と勝手に思い込んでいたことを
今回…思い知らされています。

ヘナが…『満たされる』ことがなければ…意味ないのに…ね。

ヘナ自身にも…チビの障害を知らないことや…
『チビって…おかしいの?』という素朴な疑問に…私が…チビの可能性を信じて否定し続けたのも……寂しさを募らせた原因だと思うのです。

ヘナにとっては……悪い母さんの典型例だ……○| ̄|_

リンクした…mariさんの長男くんの言葉に…感銘受けました。
ヘナはへナ……チビはチビ……
それぞれのの木は…全く別物であると痛切に感じます。


『きょうだい児』のサイト…訪問検索してみます。

ヘナの木も…チビの木も……元気に育つように……

ありがとうございました。
【2007/02/18 10:57】URL | RYO★ #-[ 編集]

病気や障害を持つ子供の兄弟姉妹を『きょうだい児』って言うんだよね。
(「きょうだい児」で検索すると情報交換のサイトもいっぱいあるよ)

うちの長男もヘナ君と同じ。満たされてなくて、寂しい気持ちを泣きながら伝えてきた。
同じように愛してるんだけど、どうしても次男に手がかかってしまうのも現実で。
次男が寝た頃に「ママ、ギュウしてほしい」って来た時には
(小学5年生なんだけど)もう、ママに抱きしめられるの嫌がる年齢のはずなのに
それほどまでに寂しいのかって・・・

>ヘナを……ヘナだけの芽を育んでやりたいのです。
>チビを……種から芽吹くことができることを…感じさせたいのです。

とても、とても共感しました。
【2007/02/18 10:12】URL | eli #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する
トラックバックURL
http://615192.blog43.fc2.com/tb.php/405-02eb3cda
| ホーム |
プロフィール

RYO☆

Author:RYO☆
『Beans』のmameさん作
RYO★スライムです。
『うにょ~ん♪』な気分でゆるりと覗いてってくださいね。


登場人物紹介

RYO★
→このブログの管理人にて
アダー一族の最大級被害者。

アダーさん
→アダルト・マニアの夫。
        
ヘナ(中1)
→自称・シッカリもの。
彼には『笑いの神』が祝福中

チビ(小5)
→我が家のメルヘナーBoy
2歳から、自閉傾向を言われ、
現在『広汎性発達障害』の診断
作年度から支援クラスに在籍。

※アダー一族※

オヤジさま(舅)
ババさま(姑)
ショウさん(義弟)
キミちゃん(義妹)
アツくん(甥)→中3
ノンちゃん(姪)→中2               

※RYO★の関係者※

ジィジ(実父)
バァバ(実母)
ゆんちゃん(実妹)
キング(甥)→中1
ダルミン(姪)→小2

ドレミFlash
メッセージロボ
最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
ブロ電に乗ろう

ブロ電™切符

結婚してから…

*script by KT*
まだまだ…… 苦悩の日々は続く……
応援しています。
がんばってる皆様の姿を励みにし… 素敵な言葉や写真に癒され… 更新されてないけど、それでも大好き… そんな理由でのリンクです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。