10≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12
■スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告】 | top↑
■2007年 夏の陣
数日……忙しくしておりました。








今回は…マジメな話です。









実は……



今年度、チビが進級して以来、ずうぅぅ~~っと…話をしてまいりました。







チビの特別学級(情緒障害児クラス)編入の話


※ 為になる補足

特学に編入するさいに、八月中に行われる『就学○○委員会』なるものが、書類選考をします。(行政側が、子供に対して 特学or普通級 の判定を下される)
学校側に…子供の名を提示すべき…と暗に言われております。
→拒否も可能ですが。
名前を挙げられれば、いつでも特学に編入できる…スタンバイOKとなります。
保護者側が、拒否して普通級に籍を置き続けることも可能ではありますが…本人の為になるかどうか…










………



…現在…チビさんは、普通級に所属しています。







今年は、担任の先生が、随分と支えてくださり、





 

 とぉぉ~~っても楽しい学校生活






不安定な状況ながらも続けて来れています。












しかしっ!!







来年度になれば……



その状況が、またゼロからのスタートっ! に…なっちゃうわけで。









学校側にも…随分と配慮をお願いしてまいりましたが、






母が支えてやれる部分も……



学校の配慮できる部分の確定も……限界が多くて…








正直……どうすればいいのか迷っています。














先日…学校に特別学級の見学に行きました。









特別学級の教室内で、すごくリラックスしている子供らの姿がありました。







でも……交流級(普通クラス)に行けば…かなりの緊張していたり、


周囲から孤立した姿が見られます。













チビは……





学校生活の重要性を お友達と楽しく過ごすに置いています。








そのチビが…このような環境は……きっと耐えられないでしょうね







でも……





周辺の状況がわからないまま進行していき……






ヒトリとりのこされて生活していく……







それもまた……耐えられないのです。












現在……『特別支援制度』があり、





チビのようなボーダーラインの子供や、不登校気味子供を支えるために、補助の先生が入る……




と言う制度があります







しかし、チビの小学校のある自治体は、未だに適用されていない状況です。
















チビが……一年生のとき





何気なく私に漏らした言葉が、母の脳裏に焼きついています。








『母さん…オレ、中学に行くヒト(中学生)に…なれないから



………ごめんね』











あのとき……チビがどんな思いで、『気持ちを言葉にしていた』かを考えると……










母は、ひたすら努力するのです。






学校にお願いしに行くのです。













でも……どうしても『手をかけてやることのできない領域』もあります。









それが……



チビの周辺の子供たちのこと











先日……



子供らと、某・映画を観にいきました。









その中で……





その性格ゆえ、『姿をみれば、すぐに攻撃されてしまう』キャラがおりました。









ある日……彼は傷ついてしまいます。









それでも、周囲は攻撃をやめない……












逃げ隠れして、動けなくなったキャラを、とある女の子が見つけます。










そして……言うのです。





『大丈夫?!』と……





『ここは、みんなの場所だから、アナタも居ていいのよ』



と………











こんな子供たちは、現実には、稀有な存在です。











でも……チビには、そんな人(トモダチ)が必要なのです。
スポンサーサイト
テーマ:小さなしあわせ - ジャンル:日記
ちょっとまじめな話トラックバック(0) | コメント(6) | top↑
<<夏の陣  続編(メッセージ) | ホーム | ハンドル・ネーム変更?!>>
えっと。うまく言えないけど。
特学か、通常級か、迷うのって当たり前だと思うし、
悩んで考える時間は本当に大切で必要だと思うんだ。
本気で納得しなければ動けないもの。
迷いがあるのならば現状維持で今のまま通常級にいた方がいいと思う。
年齢や発達とともに問題点が変わったり、足りないところが見えてきたりする。
その時々で適切な支援はどちらの方がいいのかを考えて選べばいいと思うよ。
今のチビくんに必要だって思うのは『孤立しない場所でのお友達と楽しく過ごす場所』
って思うのなら、それが正解だと思うんだ。
ウチは『あなたも居ていいのよ。』って場所が特学だったんだけど。
地域性かなぁ。通常級の親も一部のお友達も排除の気持ちの人が多くてね。
【2007/07/20 08:41】URL | eli #-[ 編集]

こんにちは。
この間、東田直樹さんの「自閉というぼくの世界」というのを読みました。(読まれたことがあったらうれしいです)
現在、養護学校に通う中学生ですが、その子が小3の時に書いたものだそうです。ものすごく的確に、小さい頃からの自分の内面と、周囲とうまく関われない苦しさを書き綴ってくれていて、「ああ、やはり子供って親が思うよりもっと深く考え、傷つき、そして大きく成長していくのかなあ」と思い、やっぱり親がしてあげらることはその子の能力を信じて、ただ、ただ、愛し続けることかなあと、ズボラな私は安心してしまいました。(そうじゃないだろーという心の声もありますが)
いろいろ迷うことばかりだけど、結局は子供が独りで逞しく育ってくれないと大人になってからつらいですよね。
「鉄は熱いうちに打て」で小さい時の方が弾力性はあるし、強くなるよね!
と思ってます。
【2007/07/19 16:59】URL | みんちょ #-[ 編集]

■ それでも歯を食いしばりましょう
RYOちゃん おひさし~

それでも、泣いてでも お母さんが歯を食いしばるのです
途方にくれても、身体に鞭打って歩き続けるのですよ

完全に、我が家のこぶを普通級に移すのを実は先日放棄しました
1年の3学期に たち歩き、脱走、パニックでどうにもならないこぶを 個別支援学級に移したときに、
落ち着けば普通級に戻せますという言葉を信じて

3年生のときに、これならもう少しで戻せると
普通級に戻す方向で全力疾走しつつ
思った以上の学習の進み具合、考えてもいなかった同級生の理解と協力を得てもなお

壁は乗り越えられませんでした

こういう言い方をするとマイナスに見えるかもしれないけれどね
むしろ逆なのです
こぶに最適な教育を与えることが出来ていると思っているのですよ

学校によって対応はさまざまだけれども、人と違う自分を自覚しているこぶは、他の同級生よりも己を理解していると自負してますよ
それってすごい能力だと 親ばかなあたしは思うのです
そして、諦めてない 将来を諦めてない

まずは、いつものRYOちゃんのままで
チビちゃんの存在は必ず、ほかの周りの子のためにもなる
みんな違うということを学習するきっかけになっているはずなのです

親も教師も限界がある
子供世界のルールは子供同士で学ぶしかないのです

傷つくのを恐れますけど
壁にぶつかって困らないと大変なことになる
心に傷も必要です 乱暴だけれども


子供が傷ついて帰ってきたら、ほっとさせてあげる
あなたはそのままでいいと 肯定しつづける
具体的な策を授ける
そして、小さなことでも、こういう風になってますと学校に連絡し続ける


苦しくてつらいけれど、それでもあたしたちはとまるわけにもいかないよ


先より今
明日より今日だよ!!!

今日一日成功すれば、明日も成功するだろう
それが毎日続けばいいのさ 見えない未来を心配して今日をつぶしちゃだめだよ
【2007/07/19 14:54】URL | 亜津子 #-[ 編集]

友達との関係は、子供にとって本当に大きな意味を持ちますよね。
そして、大人が介入していきにくい世界でもあり。
うちの長男も、友達関係で傷ついていたようです。
新学期にクラスメイトに受け入れてもらえるのかどうか、今、不安と戦っているようです。
親としてできることが少なくなりつつある今、ただ黙って見ているのも切ないです。
【2007/07/19 09:05】URL | jack-jack #czGgVZCE[ 編集]

>卯月さん

この映画の…ネタばれしちゃうかも…と案じておりました(笑)
実際…子供たちに大人気の映画ですものねv-238

〔あなたも居てもいいのよ〕という言葉…
あたりまえのようでいて、今の子供たち(どの子にも…)に、
必要な言葉だと思います。
チビだけでなく……どの子も皆、『ゆとり』がなくなっているように感じてなりません。
【2007/07/18 23:06】URL | RYO★ #-[ 編集]

私もその映画、娘と観ましたよ♪
「愛と勇気と友情」いっぱいの映画ですよね。
「あなたも居ていいのよ。」ってすごく優しい言葉だなぁ。
【2007/07/18 16:10】URL | 卯月 #SsJLSy/6[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する
トラックバックURL
http://615192.blog43.fc2.com/tb.php/509-83a6b5e5
| ホーム |
プロフィール

RYO☆

Author:RYO☆
『Beans』のmameさん作
RYO★スライムです。
『うにょ~ん♪』な気分でゆるりと覗いてってくださいね。


登場人物紹介

RYO★
→このブログの管理人にて
アダー一族の最大級被害者。

アダーさん
→アダルト・マニアの夫。
        
ヘナ(中1)
→自称・シッカリもの。
彼には『笑いの神』が祝福中

チビ(小5)
→我が家のメルヘナーBoy
2歳から、自閉傾向を言われ、
現在『広汎性発達障害』の診断
作年度から支援クラスに在籍。

※アダー一族※

オヤジさま(舅)
ババさま(姑)
ショウさん(義弟)
キミちゃん(義妹)
アツくん(甥)→中3
ノンちゃん(姪)→中2               

※RYO★の関係者※

ジィジ(実父)
バァバ(実母)
ゆんちゃん(実妹)
キング(甥)→中1
ダルミン(姪)→小2

ドレミFlash
メッセージロボ
最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
ブロ電に乗ろう

ブロ電™切符

結婚してから…

*script by KT*
まだまだ…… 苦悩の日々は続く……
応援しています。
がんばってる皆様の姿を励みにし… 素敵な言葉や写真に癒され… 更新されてないけど、それでも大好き… そんな理由でのリンクです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。