10≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12
■スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告】 | top↑
■母の目・子の目
今日は、マジメな話になります。








私は、施設に勤めています。



正式には、知的障害・情緒障害の成人者の就労施設…






ここが、私の勤めるところです。










私の勤めている施設は、市が運営をしていますので、




スタッフの上層部は、

他の児童施設や、身体障害施設と共通部署になります。







私が、よく派遣されるのは


『未就学児童通所型療育施設』への補助です。







私が保母資格を有していることも…派遣される要因なのですが、


実はこの施設の卒業生(チビ)の父兄でもあり、


補助しやすいこともあるのです。










先週の日曜日…


この児童施設で、≪運動会≫という名の運動療育がありました。







ココに通所している子供らは、機能障害は基本的にありません。


※ 機能障害を持つ子も入所する可能性はありますが、

  今のところ登録されてない…ということです。








≪運動会≫という…今後遭遇するであろう場の予行演習


その中で集団ルールを知りながら遊んでいこう♪






そんな目的の基で、開かれた≪運動会≫です。







この運動会では、ピーちゃん先生がメインで指導されます。





明るく、楽しく、豪快な先生です。

※ 運動療育専任の先生になります。










私もそうだったのですが……




情緒障害を持つ子供の親というのは、




子育てしている上で…本当に心身ともに疲れ果てる時間が多い……









私も、チビさんの育児中には大変お世話になりました。






言葉を発しないチビさんに、意思疎通を植え付ける為の言語訓練




ヒトリ芝居(言葉のやりとりをひとりでしていく)をしながら涙した日…








いきなりカンシャクを起こしだして暴れだしたチビさんを



ひたすら抱きしめて『大丈夫だよ』『大好き♪』と…



受け止めてやれるような言葉をかけれる気持ちになれたのも…










ピーちゃん先生のカウンセリングのおかげです。













今回は、恩返しの意味もあって



≪運動会補助≫のお手伝いをさせていただきました。











とはいえ、私自身は、この施設の子供たちと対面するのは初めての子もいます。








無視して黙って通り過ぎたり……




言葉をかけると、走り出して逃げてしまう子……









いろんな子がいました。









その中で、どれだけ私がお役に立てるのか…





そんな心配をしましたが、







無事に運動会が終了することができました。










私が、ピーちゃん先生に教えてもらったこと…





少しずつ思い出しながら…








「スゴイねぇ」「上手だねぇ」と 抱きしめて



オーバー・りアクションで…いっぱい褒めて










短い時間の中でしたが……




私が担当した子供さんが、私の言葉かけや関わりの中で……









満面の笑顔を向けてくれたことが、忘れられません。











その子は、多動性が強く、順番を待つことも出来ない子でした。








この運動会の中で、お母さんは…いつもいつも






『ダメでしょ』



『そんなウソ泣きばっかりしてっ 







と……怒ってました。








私が……




『お母さん、大好きなんだものね~♪』




と…言うと、




カンシャク起こしていたのに、一瞬動作が止まったり……








『●くんは、上手に順番を待てたよね


ご褒美に、グルグル抱っこだよ~~♪』



※ グルグル抱っこ→子供を抱っこしてグルグルとその場を回転しする






と、遊びながら順番待ちができるようになったり……













第三者の立場からすると…そんな些細な発見も見えてきます。













でも……



私が…チビの母親としてかかわりを持っていたときは…







そんな些細なことに気づくこともできず…


現実の多くの困難が苦しくて泣いていたものです。












今回の…運動会の参加、



そして、この親子へのかかわりを通して







新たにいろいろなことを振り返り…気づくことができました。












チビさんも、小学生になったことで…



『もう…大きくなってるんだし、多少、親から手放しをしてても……』







そんな風な考え方を、私はいつの間にかしていました。









でも……チビさんの場合…



周囲からみれば、些細な出来事であっても…








それを理解し、判断し、対応していく能力のバランスの悪さ







…は、未だにあるのですから………





自分のチカラで解決の糸口への対応が出来ない現状ですから、











まだまだ、こんなトコで凹んでいるわけにゃ~イカンっ!!






と……RYO★に気合と元気を分けてもらいました。








私の目標とする……





子供に寄りそう子育て







可愛がりすぎず……放置しすぎず……





そんな子育ての道のりの奥深さを学んだ一日でございました。










まっ♪♪




一番の元気のミナモトは……





若いオトコ(子供)のエキスを存分に吸いつくしたわ~♪





…ってことかな??!
スポンサーサイト
ちょっとまじめな話】 | コメント(2) | top↑
<<遠足なんだよ…おっかさん | ホーム | ヘナ…未来予想図>>
■ No title
>史緒里さん

いやいや~v-402
マジメな話なんですが、未熟な自分をさらけ出すのでお恥ずかしい次第です。

子育ては親育て…
そんな言葉をココロ新たに感じました。
いつのまにか、≪子供との距離≫に誤差があったみたいに感じます。
この運動会の終了後に…
≪ぎゅうぅぅ~~っ≫って子供二人を抱きしめました。
ヘナは…久しぶりのハグに…照れて笑っていました。

そんな機会を与えてくれた皆様に感謝しました。
【2007/10/29 08:39】URL | RYO★ #-[ 編集]

■ No title
ためになる話をありがとう。

大きくなると、ついつい過分な要求をしたり、自分の子供となると冷静さに欠けてしまったり・・・

私も自己を振り返る機会を与えてもらいました。
【2007/10/29 00:19】URL | 史緒里 #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する
| ホーム |
プロフィール

RYO☆

Author:RYO☆
『Beans』のmameさん作
RYO★スライムです。
『うにょ~ん♪』な気分でゆるりと覗いてってくださいね。


登場人物紹介

RYO★
→このブログの管理人にて
アダー一族の最大級被害者。

アダーさん
→アダルト・マニアの夫。
        
ヘナ(中1)
→自称・シッカリもの。
彼には『笑いの神』が祝福中

チビ(小5)
→我が家のメルヘナーBoy
2歳から、自閉傾向を言われ、
現在『広汎性発達障害』の診断
作年度から支援クラスに在籍。

※アダー一族※

オヤジさま(舅)
ババさま(姑)
ショウさん(義弟)
キミちゃん(義妹)
アツくん(甥)→中3
ノンちゃん(姪)→中2               

※RYO★の関係者※

ジィジ(実父)
バァバ(実母)
ゆんちゃん(実妹)
キング(甥)→中1
ダルミン(姪)→小2

ドレミFlash
メッセージロボ
最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
ブロ電に乗ろう

ブロ電™切符

結婚してから…

*script by KT*
まだまだ…… 苦悩の日々は続く……
応援しています。
がんばってる皆様の姿を励みにし… 素敵な言葉や写真に癒され… 更新されてないけど、それでも大好き… そんな理由でのリンクです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。